You are here
Home > 恋愛

大阪のニューボーンフォトで、ご対面前に男性が心がけておくこと


お見合い、という言葉を聞くとかなり大人っぽく固いイメージがあるかもしれません。合コン、婚活パーティーなどの似たような目的のことでも、お見合いは少し違うと考える人も多いでしょう。合コンが丁寧語、婚活パーティーが謙譲語なら、お見合いは尊敬語といったところでしょうか。
もしもそのようなイメージをお持ちなら、もう少し肩の力を抜いてみましょう。確かにお見合いは、学校や会社などの、同じ環境に居ながら自然に恋愛に発展する、といった展開とは少し違います。ですが、お見合いならではの楽しいことも多いはずです。それに最近では、親を交えないラフでデートのようなものもお見合いというようです。あまり重く考えすぎると、その先も重い展開しか想像できなくなってしまうのではないでしょうか。相手が、そしてなによりお見合いをするあなたが、気分良くお見合いを楽しめるように、気をつけることを紹介します。

 

事前調査を怠らない
まず大切なことは、最低限の事前調査を怠らないことです。お見合いはそこまで固いものではないとは言っても、最低限のマナーや気遣いは必要です。私服なのかセミフォーマルなのか、はたまたフォーマルなのか。それは相手によって変わってくるでしょう。それを意識し気を使ってあげるだけでも、あなたの印象はグッとよくなります。
そして同様に、お店の事前調査も必要です。行き当たりばったりではなく、あらかじめ行く予定のお店を考えて下調べしておくスマートさと余裕は、好印象につながるでしょう。

 

将来の話をする
はじめにも話したように、お見合いは自然に恋愛に発展していく学校や会社とは違います。学校や会社では、気になる異性がいても急に将来の話をするのは場違いでしょう。しかしお見合いでは、お互いそれなりに「結婚相手としてどうか」という考えを持って会うため、それが許されます。むしろ積極的に将来の話をして、将来設計がしっかりしていることをアピールするとよいでしょう。

 

次につながる別れ方
どんなに盛り上がったお見合いになっても、最後まで気を抜いてはいけません。あなたは異性と別れた後、すぐにスマホをいじったり、イヤホンをしたりしていませんか?そういう細かいところも、女性は気になってしまうものです。また、お見合いをして相手に好意を持ったなら、次のデートの誘いをしてから別れるとよいでしょう。変に心の駆け引きをするよりも、相手に好意が伝わってしまうようなわかりやすい態度の方がよいのではないでしょうか。

 

大切なのは思いやり
お見合いで気をつけるべきことは、ここで紹介したもの以外でもたくさんあります。しかしそれは、相手を思いやる気持ちがあれば自然とできる行動です。一番大切なのは、他でもない相手を思いやることです。
その気持ちがあれば、あなたも相手も気持ち良くお見合いができるでしょう。

 

大阪のニューボーンフォト出張撮影サービス | フフベビーフォト

コメントを残す

Top